金色のマリオネット

前々から興味があったのでモズを誘って 国立新美術館で開催されている点描画展

クレラー=ミュラー美術館所蔵作品を中心に
印象派を超えて―点描の画家たち
ゴッホ、スーラからモンドリアンまで

に行ってきた。うわ何だこれ、コピペしたら豪華な装飾になった。 
サイトURL→http://www.nact.jp/exhibition_specal/013/km2013/ 

有名なヴィンセント・ヴァン・ゴッホの「種まく人」も来ていました。


当時最先端の色彩学を利用したスーラの点描画から後代の各画家に伝わっていく過程や、各画家毎の点描技法の違い等、ただ絵を見るだけではなくそのバックグラウンドについても詳しく説明があり、知識が薄い自分でも非常に楽しんで回る事が出来た。500円で借りられる音声ガイドが更に裏話等を語ってくれるので、もし来館する人がいれば是非勧めたい。僕はどこの美術館に行くにも大体音声ガイドを借りてます。
モズにもお金出してあげるから借りてこいと言ったのに、要らないと一蹴されてしまった・・・

点描画と一口に言っても作品に依って、その"点"の大きさが全く違っているのが面白かった(小並感)
非常に細かい点でテレビを近くに寄って見た時の様に描かれているものもあれば、一つの色の単位が大きいモザイク調のものもある。細かい点描にしても、細長い線が多用されていたり、その線が上向きであったり・・・
絵を描く前の下書きの段階でどこに何色をどの様に置くか考えているらしいけれど、どういう頭の構造をしているのだろう。そもそも点描自体、気が遠くなるほど根気のいる作業だし、一つ一つ点を打ったのだと思うと作品を作るのって大変なんだなー(二回目の小並感)とつくづく思った。

正直、後半展示されていたピエト・モンドリアンのキュビズム系の抽象画は自分にはまだよく理解出来なかったかなぁ。湖面に映った木々を描いたと説明のあった絵(下)は非常に分かり易くて良かったけれど、他はさっぱり。線と四角しかない絵の良さを味わうにはまだ教養?センス?が足りないみたい。
mondrian_line_and_color
 


一通り見て回って、テオ・フォン・レイセルベルヘとジョルジュ・スーラの絵を気に入った。この人の絵はどれも寒色の色合いが綺麗。
レイセルベルへの絵の画像を探したけれど、あまり見付からない。「満潮のペール=キリディ」の他にも、もう一つ印象に残った絵があるのに、絵のタイトルを忘れてしまったよ・・・。検索しても出てこないから、ちゃんと心に留めておいて機会があれば名前をチェックしよう。

「満潮のペール=キリディ」
1889_van_Rysselberghe_Fels_bei_Perkiridy_anagoria

「 果樹園あるいは庭園に集う家族」も強く印象に残った。全てが鮮やかに見える。
_801580_i0


点描画の面白いところは、離れてみた時と寄って見た時で全く見え方が違う事。
補色となる色を交互に点打つ事で頭で混ぜ合わせるんだから当たり前なんだけど、近くで見るとはっきりと真逆の色が交互になっているのに、離れると原色より一層鮮やかに見える。そうやって自分で距離を色々試してみれるのも実際美術館に足を運ぶ楽しさかもしえrない。色彩学は面白いな、勉強したい。


完全に小並感の多い素人文章だけど、こんなのでも実際行って楽しめたので興味があれば是非行ってみて下さい。東京では12月下旬までやっていたはず。



帰りに六本木のイルミネーション見てきたけど、カップルばかりで男二人で歩くのが気まずかった。クリスマスを一緒に過ごしてくれる人、募集してますよ☆(ゝω・)v(男女問わず)

そのまま高田馬場にある中本に行って冷やし味噌を食べて帰って来ました。うわぁ、一気に俗っぽくなった。 

186 (1)230 (1)530 (1)
145 (1)663303-m





技は「まもる」を除き使用頻度の高かったものを左側に配置して書いています。

【ニョロトノ】
特性:あめふらし 
持ち物:こだわりスカーフ
性格:ひかえめ
技:ハイドロポンプ/れいとうビーム/なみのり/あまごい

【キングドラ】
特性:すいすい 
持ち物:こだわりメガネ
性格:ひかえめ
技:だくりゅう/りゅうせいぐん/ハイドロポンプ/あまごい

【ドリュウズ】
特性:かたやぶり 
持ち物:たべのこし
性格:ようき
技:じしん/みがわり/いわなだれ/まもる

【ファイアロー】
特性:はやてのつばさ 
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
技:ブレイブバード/おにび/フレアドライブ/まもる

【サンダー】
特性:プレッシャー 
持ち物:オボンの実
性格:おくびょう
技:かみなり/めざめるパワー(氷)/ほうでん/まもる

【クチート(メガクチート)】
特性:いかく(ちからもち) 
持ち物:クチートナイト
性格:ゆうかん
技:アイアンヘッド/ふいうち/じゃれつく/まもる



qUn8s

最高レートは11月11日の1990。その後色々あって1850~1950の間をうろうろ。1990の時に何故辞めなかったのか。あの時はあと一勝して2000乗せたらシングルレート行こうと思ってたんだよね... 甘くなかった。
もう一つ試したいパーティ案があるので、こちらは使い納めて公開。





一つ前の記事に書いたパーティを使いレーティングダブルに潜ったところ、雨対策をしていないパーティがあまりに多く感じたので原点回帰で自らが雨を使う事に。
XY発売直後に雨個体の親をシェア したフレデリカさんがその時点でレーティング上位に入っていたので、環境的に刺さるのは何となく確信を持っていました。




まず第一にキングドラは眼鏡で使う事を決定。先発ニョログドラを許してくれる相手が多そうだった事と、雨ミラーの発生し辛さを考えました。第五世代の頃は色々障害が多くて諦めたのですが、眼鏡濁流を通してくれる環境であれば間違いなく強い。配分はCS。

相方のニョロトノについても色々考えたのですが、WCS2013予選の時に無難な熱湯オボンニョロトノを使ってあまりの弱さに絶望したので、フレデリカ構築のスカーフ案を頂きました。それに合わせてキングドラの4つ目の技も雨乞いに変更。懸念していた天候変化メガシンカへの回答へもなるので、使う頻度は少ないけれど有用な技選択だったと思います。配分はCS。



次に面倒な水ロトム、トゲキッス、ナットレイ、ギャラドス、モロバレル、フシギバナ、ユキノオー等への対抗策。

水ロトム対策としてはまず残飯まもみがガブリアスを考え、ドラゴンが被りトゲキッスへの耐性が落ちる為に断念。そこでドリュウズが思い浮かび投入を決定。型破りでロトムの浮遊を無効化して相性を逆転させる事が出来、相手の鬼火は身代わりでシャットアウト。ハイドロポンプの命中率は80%でPPも少ない為、ドリュウズは水ロトムに対する有用な駒になります。
残念ながらアイアンヘッドを覚えないので、トゲキッスへの打点になり雨時であればファイアローへも反撃出来る岩雪崩を採用。配分はほぼAS。


拘りアイテム持ちを二匹採用しているのにも関わらずドリルライナーではなく地震を選択しているので、残りは出来る限り浮いているポケモンを採用したくなり、トゲキッスやギャラドス等へ牽制を掛けられるサンダーを採用。
雨を利用するので雷、隣にドリュウズを置く事が多いので放電、草タイプへの打点になり、雨時のキングドラや拘ってしまうニョロトノの冷凍ビームに頼らず相手のドラゴンタイプへ攻撃出来るめざ氷、で技を埋めました。
正直、ほとんど放電は撃たなかったので命中安定の10万ボルトで問題ないと思います。 理想個体ではなく、実数値にして防御が4だけ低くなるので、それに合わせた配分。最速で他はそこそこ。

また拘ってしまうポケモンが多くトリックルーム耐性も低い為、ファイアローを採用。言うまでもなくモロバレル、ユキノオー、パンプジン、フシギバナ、ナットレイ等、雨が苦手とする相手の草タイプに対して圧倒的な縛りを掛けていきます。
ガブリアスやガルーラより先に動いて鬼火を放てるので、相手の物理メガシンカポケモンの火力を一気にそぎ落とす事も出来ます。少し削れた「いたずらごころニャオニクス」に置き土産を残されずに倒し切る事が出来るのも高評価。鬼火を高く評価しているのと、濁流等で削って十分縛り圏内に入れられるので鉢巻ではなく珠に。 配分はASではないとだけ。


最後にメガクチート。雨降ってる時のメガクチートは気持ち悪い程強い。不一致大文字であれば二発耐える程度と考えておけば間違いないはず。
ユキノオー入りやフェアリータイプが相手のパーティで大きなウェイトを占めている場合に選出。大体後発から死に出しで出します。よく交代から素のクチート出してる人がいるけど、流石に冗談にならないダメージを喰らうので余程ダメージを受けない自信がある時以外は受け出ししない方が良いんじゃないかな~。じゃれつくを外すのが怖過ぎて、確定数変わらなさそうな場面なら積極的にアイアンヘッドを選択していました。配分はほぼHA。意地っ張りか勇敢か迷ったんですが、トリル下で相手のクチートとミラーする事が3回もあったので最遅で良いと思います。




気を付けたい事。 

・ドリュウズのダブルダメージ地震一発ではロトムは死なない。受けるダメージは80%程度なので、濁流やハイドロポンプで削ってからニョロトノに10万が飛んでくる位置に交代出しをして縛りに行きたい。眼鏡濁流や雨ハイドロポンプを食らった水ロトムは2回程食べ残しで回復しても地震圏内。場合に依ってはファイアローのブレイブバード+地震で倒し切ったり。

・案外「ナットレイ」 「ギャラドス」「マリルリ」は眼鏡濁流とハイドロポンプで押せる。悠長に受け出してきたナットレイなんかは濁流を当て続けると気が付いた時には死んでいたり、ドリュウズ辺りの縛り圏内に入っている。

・8割近くニョログドラ先発。むしろこの先発を通してくれる環境である事が今の雨の強み。ニョロトノのスカーフ雨降らしで相手の先発ポケモンのスカーフを出来る事が多い。

・ニョログドラ前に先発で出てくるガブリアスは襷である可能性が高いので、濁流+冷凍ビーム辺りで攻撃を重ねていく。ニョロトノのスカーフ冷凍ビームで奇襲したいところだけど、普通にキングドラの竜技を警戒して守ってくるので1ターン目はガブリアスの隣に濁流+ハイドロポンプを撃つ事が多い。ハロポンで拘ってしまうので、2ターン目の行動で襷ガブリアスを倒し切れる確率が7割切ってしまうのが難点。その代わり交換で出してきたポケモンに対しても大きなダメージを与える事が出来る。

・先発水ロトムに対して、眼鏡流星群で落としきれる場合もあるが確実ではないし、隣がニャオニクスだったりすると壁で流星群+ハロポンでの集中でも倒し切れずディスアドバンテージが大きい。無難に濁流で隣共々削って、後ろからドリュウズで縛る方が賢明。 

・砂状態のバンギラスでもニョロトノのハイドロポンプ二発orハロポン+濁流で倒し切れる。天候を奪われてもさして面倒な相手ではない。無理にニョロトノを引いて天候を奪い返そうとすると、相手が最速スカーフの場合かなり後手に回ってしまうので、突っ張った方が強かったりする。

・威張るは本当に勘弁して下さい。




とりあえず回した上で感じた事を適当に書き殴ってみました。まだ見識が甘いところもありますが、水を半減してくる相手に対してのダメージ感覚が分かると相当扱い易くなると思います。

某大学の学園祭で使用。総当りの上位二人で決勝を行うルールで、柚樹さんと同じ5-1だったので再戦。予選では負けた癖に決勝で勝ってしまったので、人数は少ないながらも一応XYのオフを優勝という形でスタートさせる事が出来た。
運営側の人間が優勝賞品のXYを受け取るのも忍びないので、柚樹さんに譲りました。 今凄く後悔している。





248-m445 (1)003
094-m237 (2)663



【バンギラス(メガバンギラス)】
持ち物:バンギラスナイト
性格:ようき
技:いわなだれ/かみくだく/りゅうのまい/まもる

【ガブリアス】
持ち物:たべのこし
性格:ようき
技:ドラゴンクロー/じしん/みがわり/まもる

【フシギバナ】
持ち物:くろいヘドロ
性格:ひかえめ
技:リーフストーム/ヘドロばくだん/ねむりごな/まもる

【ゲンガー(メガゲンガー)】
持ち物:ゲンガナイト
性格:おくびょう
技:ヘドロばくだん/10まんボルト/おにび/まもる

【カポエラー】
持ち物:オボンのみ
性格:いじっぱり
技:インファイト/ねこだまし/ファストガード/てだすけ

【ファイアロー】
持ち物:いのちのたま
性格:いじっぱり
技:ブレイブバード/フレアドライブ/おにび/まもる



龍の舞メガバンギラスが極端に強い。 ファイアローやカポエラーで行動を制限している内に一度でも積む事が出来ればそれだけで試合の流れを大きく掴める。
メガ状態での耐久力が高く、威嚇が一度でも入ったガブリアス程度であれば地震でも三割程度しか減らないので余裕を持って行動回数を稼げた。 鬼火が入った状態でも倒す相手さえ明確にしていればそれ程大きな痛手でもなく、実際に決勝では鬼火が入った状態で相手のポケモンに圧力を掛け続ける事が出来た。

ガルーラをサポートする様なパーティ(キッスガルーラ、クレッフィガルーラ等)に対してはゲンガーカポエラーを先発で出し、メガゲンガーが鬼火で不意打ちを避けながらアドバンテージを取る。カポエラーがファストガードで不意打ちをシャットアウトしている間にヘドロ爆弾でキッスを殴ったり、10万ボルトでファイアローを倒し切る想定。
ただこの先発だとカポエラーより速い猫騙し持ちが二匹いる「ニャオニクス+ガルーラ」先発が辛いので、次に使うパーティでは構築段階から先発を決め打って対処出来る様にしておきたいところ。

フシギバナは優秀なフェアリー、ロトム、格闘に対する対抗手段として採用し、実際にその役割と十分に果たしてくれたが、自分が眠り粉を過信してしまった為に2回目の眠り判定ですぐに起きてしまい大きくアドバンテージを失う場面が多々あった。相手のメガシンカ枠等への有効な技なのは間違いないが、 命中率の不安定さも気になり他の技との変更を検討中。

身代わり残飯ガブリアスが強いのはどう考えてもお前ら(ラティオス・クレセリア・霊獣ランドロス・化身ボルトロスがいないの)が悪い!
鬼火ロトムはこいつに対する対抗手段が命中率が100%でないハロポンしかない。

あまりゲンガーを選出する機会がないとは言え、エスパータイプの攻撃技の一貫性が非常に高くなってしまった。 クレセリア、ラティオスの二匹がいない以上、攻撃技としてエスパーが採用される事はほとんどないと思って毒格闘三匹の採用に踏み切ったのだが、ニャオニクスというカロス地方の準伝説ポケモンに高頻度で抹殺される。
ガルーラニャオニクスに対して何か考えないと...(二回目)


疲れたので終わり。 

このページのトップヘ